小倉優子のように投資での資産運用は必要?

なぜ資産運用が注目されているのか

資産運用に使う計算機

政府が「貯蓄から投資へ」というスローガンを掲げているように、以前に比べて多くの人から資産運用に対する注目が集まっています。
その理由としては、低金利のため貯金をしていてもあまり資産を増やせない事だけでなく、医療費など社会保障費の拡大や消費税の増税などが大きく関係しています。
また、少子高齢化が進み働き手が少なくなり、若い世代を中心に漠然とした将来への不安を抱えている人も少なくありません。
こうした背景があり、自分でできる自助努力として、投資などの資産運用が注目されているのです。

投資での資産運用をする必要性とは?

幸せな老夫婦

小倉優子さんのように投資で成功している話もありますが、資産運用について詳しく知らなくて不安だと思う人も多いのではないでしょうか。
しかし資産運用は自分を守る術として必要であり、今後の人生を豊かにしてくれる可能性を秘めています。
資産運用が必要な大きな理由としては、「定年まで働けない可能性がある」「年金への依存度を低くする」「子供の養育費や万が一のリスクに備える」という3つがあげられます。

資産運用をしていない人の多くは、老後の生活を貯金と年金によって過ごそうと計画しているのではないでしょうか。
もちろん計画通りに過ごせる人もいますが、定年まで働けない可能性も考え、リスク管理をする必要があります。
病気やケガで退職せざるを得ない可能性もありますし、会社の業績が悪化すれば今と同じだけの給料を得られる保証はありません。
また、今後年金の受給対象年齢が引き上げられる事も検討されているように、退職後すぐに年金をもらえない可能性もあります。
働けなくなる可能性や年金への依存度を低くする為にも、自助努力として資産運用が必要になるのです。

定年まで安定した給料をもらえ、年金も現在と同じ様に受給できたとしても、子供の教育費や万が一のリスクを考えると資産運用が必要になる人もいます。
子供の進路次第で教育にかかる金額は異なりますが、場合によっては想像よりも多く費用がかかる事も考えられます。
学歴と経済状況の関連がある程度存在している以上、子供の将来の為にも早いうちから資産を増やす努力をしておく事が大切です。

また、長い人生でどのようなトラブルが起こるか分かりませんが、そのような状況でもお金が必要になる事が少なくはありません。
医者や弁護士など必要な人の力を借りる為にも、資産運用は必要になります。

資産運用する事で得られる将来的なメリット

資産運用で徐々に貯まるお金のイメージ

老後を豊かに過ごす為には夫婦で平均して月35万円必要だとも言われていますが、年金受給額の平均は月に22万円程です。
その為、生活水準を下げない為には貯金を切り崩すのが一般的ですが、健康寿命が延びている現代ではセカンドライフの時間が昔に比べて長くなっています。
定年までしっかり貯金でき、トラブルにも見舞われなかったとしても、貯金だけを頼りに生活するのはリスクが大きいです。

その問題も資産運用をしていれば、老後の生活を豊かに過ごせるというメリットがあります。
ただ、資産運用は短期では結果がでない事も多く、長期的に考えなければなりません。
早めに必要性に気付き始める事で、将来的により大きなメリットを得る事ができます。

TOPICS